未払い残業代を請求する場合は証拠が必要

未払い残業代を請求する場合、証拠を集める必要があり、証拠がない状態では請求することはできません。またどんな証拠でもよいわけではなく、有効な証拠を揃える必要があります。未払い残業代請求に際して有効になる証拠は、雇用されたときの書類です。雇用契約書や労働契約書には、給与の計算方法や残業代支給についての取り決めが記載されています。

就業規則には労働者が働く際の決まりがまとめられているので、コピーを保管しておくと有力な証拠になります。始業や終業時刻を立証する資料は、未払い残業代を請求する際、実際に働いた時間を証明する重要な証拠です。具体的には、タイムカードや勤怠記録などで、労働時間を把握することが可能です。会社が労働者の労働時間を正確に管理していない場合は、他の立証手段を検討するしかありません。

業務用メールアカウントの送受信履歴も、送受信する度に時間が記録されるので、証拠として有力です。メール送信時刻は、社内で業務に従事していたことを十分に立証できます。終電がなく、止むを得ずタクシーなどで帰宅した場合、帰宅時のタクシーの領収書は未払い残業代の証拠になります。タクシーの領収書には乗車時間が記載されているので、保存しておくと退社時間を証明することができます。

労働者がつけている日記や備忘録も労働時間算定の根拠となり得るので、未払い残業代請求の際の証拠になります。日記の中で労働内容や始業終業時間を記載しておけば、労働時間算定の根拠となるので残しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *