残業代請求の失敗例とは

残業代請求は業種を問わずに全国的に多く行われてきています。

しかし、実際に残業をしているのにもかかわらず残業代が支払われないケースもあります。残業代請求に失敗しないためにも失敗例から学ぶことが必要でしょう。残業代請求の失敗例にはさまざまなものがありますが、証拠が不十分であることは特に多い理由としてあげられます。残業代を請求するためには、実際に労働した時間を立証するための証拠が必要です。タイムカードやシフト表、手帳や日誌、ICカードの利用記録やパソコンのログイン記録やログオフ記録は証拠となります。

残業代を請求するためにも証拠集めは徹底的に行いましょう。みなし残業制である会社であったというのも失敗例としてあげられます。みなし残業は固定残業のことで毎月一定額を割増賃金の代替手当として支給をする制度です。この制度を採用している場合、固定分は割増賃金の支払いと認められるため、これを超過する割増賃金が発生しない限りは請求することが出来ないので注意が必要です。

また、残業代請求は弁護士に対応してもらえば成功の可能性は上がりますが、労働問題に詳しくない弁護士に依頼すると不利になってしまうこともあります。請求には専門知識が必要なため、不慣れな方に任せると失敗してしまう可能性もあるでしょう。労働トラブルに強い弁護士に依頼するのも一つの手です。残業代請求を成功させるためには失敗例から学び、準備をすると良いと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *