残業代請求の失敗例について

残業代は法律に基づいて支払われるべきものであるはずなのに、正当に支払われないケースが多々あります。

また、残業代請求をしたのにも関わらず、失敗してしまうということも少なくはありません。成功するためには、自分が残業したという証拠を準備しなければなりません。それらの証拠が揃わなければ、残業をしたという事実が認められず請求の失敗例となってしまうでしょう。残業代請求の失敗例が多いのが、みなし労働時間制を導入している職場で働いているというケースです。みなし労働時間制とは、定められた労働時間より多く働いても少なく働いても、毎月一定の給料が支払われるというシステムです。

この場合は、働けば働いた分損をしてしまう可能性がありますが、あらかじめ定められているとなると仕方ありません。雇用契約書や就労規則などに記載されているはずなので、最初に確認しておく必要があります。また、出張や外回りが多い場合は、労働時間の計算が難しいと考えられています。

そのため、ほとんどがみなし労働時間制を適応しており、残業代請求の失敗例となりやすい状況が増えているようです。事業場外労働をしている場合は、労働時間を算定することが難しく、残業代を明確に計算することが難しいですが、携帯電話などで定期的に連絡を入れて、外にいる労働者の管理を行うよう努めている企業もあります。残業代請求の失敗例を確認することで、自分が働いた分の残業代をしっかりと取り戻せるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *