残業代を請求しても負けるパターンの例を知ろう

従業員が会社に未払いの時間外労働の対価の支払いを求めた場合、会社側が従業員に支払うことで最終決着することが非常に多いです。

しかし、あくまで非常に多いということでしかなく、中には残業代を請求しても負けるケースもあります。負けることがないように残業代請求をしたい場合は、このような事例も知っておく必要があるでしょう。まず、証拠が十分に無いとどんなに会社側に非があっても要求が通りません。会社側は、未払いの形跡がきちんと残されているのが明らかだと反論が難しくなりますが、なければどのような言い訳も成立し得ます。

また、労働審判や訴訟手続に移行したとき、判断を下す人たちは、物的な証拠の有無を非常に重視します。支払いを求める場合はタイムカードや出勤簿、日報、シフト表などといった帳簿類を保管しているかどうかを確認しておきましょう。手続きを自分自身ですすめるのも、残業代請求で負ける要因となり得る点の一つといえます。理由は、要求をする前に準備すべきことが非常に多くて大変な負担になることと、雇用主は従業員より法制度を知っていて何かあったときの準備も一応していることです。

負けること無く残業代請求を通すには、未払い賃金の問題に精通している弁護士をつけることは欠かせません。証拠が十分に揃っていて、通常であれば敗れる要素が無いのにもかかわらず負けてしまう場合は、時効が成立していることが原因となっている可能性があります。この要求には時効期間が定められており、期間が過ぎた後に会社側に時効を援用されると、二度と支払いを求めることができなくなってしまいます。会社側が時効制度を知っていれば、残業代を請求しても負けるのは確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *