残業代請求は弁護士に依頼するのが最適

今現在働いている企業で、週に40時間以上働いていたり、1日8時間以上働いてる場合には、残業代が発生していますので、毎月の給与できちんと残業代が支払われているかどうかを確認するようにしましょう。

万が一支給がない場合には残業代請求を行なうことができますので、会社側に一度掛け合ってみることがベストです。もし交渉をしても事実を認めなかった時には、弁護士に残業代請求を依頼するようにしましょう。弁護士が介入することで法的根拠をもとに確実に残業した分の額を請求できますので、泣き寝入りすること無く労働の対価を確実に払ってもらうことができます。

残業代というのは労働者がもらえる正当な対価ですので、これを貰わないのでは損をしてしまうので確実に請求しましょう。残業代請求の際に必要になるのがタイムカードのデータや、労働時間の記録などです。これは個人の日記でも証拠として認められるケースがありますので、弁護士と相談した時に何を用意すればよいのかを聞くことが大切です。

現在では労働トラブルを抱える個人が少なくないですから、着手金や相談料が無料になっていることも多くなっています。弁護士に相談することに対しての敷居はそこまで高いものではありませんので、リラックスして相談に行くことが大切です。残業代請求は未払いの分を払ってもらうためにも出来る限りスピーディーに手続きをすすめる必要がありますので、早めに弁護士に相談するのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *