残業代請求について考える

日本における職業観と欧米における職業観には大きな違いがあると言われています。

日本は仕事を「生きがい」と考える人もいるくらいですから仕事を罰則と考える人はあまり多くいないのが実状です。それに対して、欧米では仕事は罰という感覚を持っている人が多いそうです。もちろん日本にしろ欧米にしろいろいろな考えの人がいますから、全員が全員このような考えではありません。しかし、全体的な傾向としてはこのような雰囲気があります。こうしたことを踏まえたうえで残業について考えてみますと、日本人は残業代が支払われないことに対してあまり深く考えていないようです。

その証拠となるのがサービス残業という慣習です。日本人は残業をしても請求しない傾向があります。もちろん会社側がそのような雰囲気を作っていることも可能性的にはあります。しかし、労働者の側でも残業代請求を積極的にしない気持ちがあるのも事実です。しかし、最近になりようやくこうした考えの不合理性について指摘されるようになってきています。

その背景にはブラック企業が注目されるようになったことがありますが、それはともかく残業代請求は働く人の当然の権利です。働く人はそのことをしっかりと肝に銘じて対処する必要があります。一部の人が言うように、確かに残業代請求は簡単なことではありません。正式な請求方法も一般の人はわかりませんし、請求をしたあとの業務に影響することも不安です。ですが、専門家に相談などして働く人の権利を主張することはとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *